フェニックス・シーガイア・リゾートのサステナビリティ

ひとも地球も、元気にするリゾートへ

フェニックス・シーガイア・リゾートでは、セガサミーグループの方針に則って豊かな松林と海という景観を守り、
宮崎という食の宝庫における安心安全な食の提供と変わらぬおもてなしの心で
「感動体験を創造し続けお客さまを元気にする」というミッションを達成し、
社会に必要とされる会社であり続けることを目的とし、下記の3つを重要課題(マテリアリティ)として、
2030年(※)までにそれぞれの目標達成に向け取り組みます。
※カーボンニュートラルのみ2050年の目標達成
 

製品/サービス
安心・安全かつ革新的な製品およびサービスの提供
 
女性が活躍できるリゾートへ
感動体験を創る人が育つ職場環境の整備

 
環境
CO2削減:気候変動への対応を戦略に

INDEX

エコマークアワード2022 優秀賞受賞

「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」は、公益財団法人 日本環境協会が主催する「エコマークアワード2022」において優秀賞を受賞致しました。

<エコマークアワード2022 選考理由>
優秀賞
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
「緑豊かな黒松林を守り、育む。自然と共生するリゾート」

宮崎県の太平洋沿いに位置するシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートは、地域の自然環境の保全に熱心に取り組むエコマーク認定ホテルである。
敷地内に植生する黒松林をかけがえのない財産として県・市と協力して保護に努めるほか、県指定天然記念物の「アカウミガメ」の産卵場所である海岸の清掃活動を行うなど、地域や宿泊者と取り組む自然との共生は、これからのサステナブルな観光の見本ともいえる。
リゾートエリアならではの貴重な自然資本を守りつつ、多様な環境配慮活動を推進するために、宿泊客に向けた丁寧な説明が実践されているのも本ホテルの特徴である。客室の適正温度の設定の呼びかけにエコマークを表示するなど、エコマーク認定を活用したコミュニケーションの数々は、他のサービス事業者にも参考となる。
スタッフの環境配慮意識の高さも印象に残っており、環境に配慮した備品の導入や館内のLED化、地元食材の利用、客室でのごみの分別の実施など、一つひとつの取り組みを全員参加で積み重ねてきたことで、環境との共生という理念がスタッフにも着実に浸透しており、さらなる取り組みを期待する。

エコマークアワード2022公式サイト

「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」エコマーク認定を取得

緑豊かな黒松林を守り、育む。自然と共生するリゾートとして、環境配慮について評価されました。

「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」は、公益財団法人日本環境協会が制定するエコマーク商品類型No.503「ホテル・旅館Version2.1」認定基準において、 2021年12月24日(金)付けで認定を取得しました。
エコマーク「ホテル・旅館」とは、ホテルや旅館における省エネ・節水・廃棄物削減などの基本的な環境対策に加えて、宿泊施設の環境活動への利用者の理解を深め、宿泊を通して環境配慮への気づきを与える環境コミュニケーションなどを評価され、認定されるものです。

「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」のあるリゾートエリアには、名門ゴルフ場やテニスクラブをはじめ、乗馬やセグウェイなど、緑豊かな黒松林を愉しむアクティビティーが充実。開業以来、黒松林の保護・育成やビーチクリーンなど、自然と共生するリゾートとして、環境保護に取り組んでまいりました。

今回の審査では、黒松林の保護・育成や海岸の清掃、敷地内の緑地整備など、地域の自然環境を守りながら事業活動を進めていることに加え、客室のエコプログラムや環境に配慮した食材・アクティビティーの提供などの「おもてなしにおける環境配慮」について高く評価されました。

詳しくはこちら

環境への取り組み

黒松林の保護育成

一ツ葉海岸の黒松の森に関わる人々が、長い歴史の中で世代を超えてこまやかに手入れしてきたこの黒松林を、今後も守り、育てていくため、定期的な松くい虫の駆除(薬剤の空中散布)など、独自の管理法で保護に取り組んでいます。

「シーガイア黒松の森宣言」はこちら

ビーチクリーン活動

一ツ葉海岸では、宮崎県指定天然記念物の『アカウミガメ』が産卵に訪れるといいます。
産まれた子ガメたちが海に戻るには、海岸に落ちる流木やゴミなどが大きな障壁となります。
そこで、フェニックス・シーガイア・リゾートは、海に訪れるウミガメたちが安心して産卵できるように、この小さな命を守るために、海岸に散乱する流木や漂着物、不法投棄された生活ゴミを拾い集める「ビーチクリーン活動」を定期的に行っております。

エネルギーの効率化

フェニックス・シーガイア・リゾートは2019年度の「宮崎県温室効果ガス排出抑制事業者」として表彰されました。
館内照明のLED化やエネルギー効率に優れた熱源機器への入れ替え、さらにスタッフによるこまめな節電の積み重ねにより達成されたものです。
これからも宮崎を代表するリゾートとして、エコ意識を持って日々の業務に努めてまいります。

アースアワーへの参加

世界中の人々が「地球の環境を守りたい!」という想いを胸に、同じ日・同じ時間帯に電気を消して消灯のバトンを繋ぐプロジェクト「アースアワー」に、フェニックス・シーガイア・リゾートも参加しています。
ロビーやレストラン入口などの消灯を行い、美しい地球を残すお手伝いをいたします。

その他の主な取り組み

・環境に配慮した食材を提供(FSC認証食材、地元宮崎の食材)
・客室備品に環境に配慮した製品を使用(エコ製品、リサイクル製品など)
・廃棄物削減への取組み(分別、有価物処理、リサイクル、廃棄量の把握など)
・連泊時のリネン交換不要が選択可能(「エコプログラム」の実施)
・食品ロス削減への取組みとして、「みやざき食べきり協力店」に登録
・バイオマスレジ袋の有料販売による利用抑制
・環境に配慮したアクティビティープログラムの提供
・環境に配慮した移動手段(レンタサイクル、セグウェイ、ノルディックウォーキング)の提供
・公共交通機関でのアクセス方法やシャトルバスの運行、電気自動車充電設備について館内やWEBサイトで情報を発信
・国や地方公共団体が行う環境美化活動に参加 ・エコキャップ回収運動

社会・地域支援活動

SPMCポイントで盲導犬協会 老犬ホームへの寄付が可能

SPMC(シーガイア プレミアム メンバーズクラブ)のバリューポイント交換の中で、「公益財団法人 北海道盲導犬協会 老犬ホーム」への寄付が可能です。
この老犬ホームは盲導犬としての役目を終えた犬たちに、「ゆっくり楽しんで過ごして欲しい」という想いから昭和53年に世界の盲導犬施設の中でも初めての試みとして作られたもの。
フェニックス・シーガイア・リゾートは、この思いに共感し、2018年の6月より活動をスタートしました。

絵本を届ける運動

セガサミーグループでは、紛争地域などに暮らす子どもたちへのエンタテインメントを通じた貢献を目的として、公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会の「絵本を届ける運動」に参加しており、フェニックス・シーガイア・リゾートの社員も参加しています。
グループ社員から不用品の提供(BOOKOFF on-lineにて換金)や社内の自動販売機募金とともにマッチングギフトを活用し、日本の絵本を購入。そして、現地語訳のシール貼り~送付するまでの一連の活動を、グループ社員で分担、2009年の活動開始から計3,173点 冊の絵本を現地へ送っています。

地域学生の職業観醸成、マナー向上支援

フェニックス・シーガイア・リゾートでは、地域の中学、高校、大学に協力し、学生の職業観の早期醸成、マナー向上のために社会体験研修や講話、見学会などを実施しています(2019年度は20回、のべ220名がご参加)。
マナー講座(出前授業)では、社会体験前の事前講習や進学・就職を目指す学生の面接指導などを行い、見学会では、福祉科の高校生へバリアフリールームの見学や相手に与える印象をワンポイントマナー講座でお話ししています。
今後も、お客さまの快適な時間を創造するフェニックス・シーガイア・リゾートだからこそ伝え、提供できる支援をし、地域の成長発展に貢献していきます。

セガサミーグループのサステナビリティ

感動体験を創造し続ける
~社会をもっと元気に、カラフルに。~

セガサミーグループでは、国際社会の一員であることを強く意識し、「良き企業市民」として社会に参加し、オリジナリティ溢れるエンタテインメントを通じて感動体験をご提供するという考えのもと、「企業の社会的責任」として、倫理的・公共的な社会の期待に応えることが重要であると考えます。
スポーツ支援活動や芸術文化活動など、セガサミーグループ全体で様々な社会活動を継続的に実施していくことにより、社会との信頼関係を築き、「豊かな社会の実現」と「文化の創造」を目指してまいります。

詳しくはこちら

【クッキーポリシー】
このページはCookie(クッキー)を利用しています。 当ウェブサイトは快適に閲覧いただくためにCookieを使用しています。 Cookieの仕様に同意いただける場合には「同意します」をクリックしてください。 詳細については クッキーポリシーをご覧ください。